株式会社フコックス
トップ3PL事業粉粒体事業環境事業ブログ『フコックス社長日記』採用・就職安全と環境のために会社概要お問い合わせ
フコックス > ブログ > 社長ブログ
フコックス社長日記

2015/11/1 日曜日

no.184 産廃更新講習

cno.jpg
去る10/14〜16の三日間、「特別管理産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会」という長い名前の講習会を受講してきた。
これは我が社が既に許可を受けている「特別管理産業廃棄物の収集・運搬」の更新のために、5年毎に経営者が受講し、最終日の考査合格が条件となるため許可業者としては必須の講習となる。
かれこれ私も今回の受講で4回目。さすがに基本は頭に入っているが、問題は関連法規が改正になる事。
講習に使うテキストは非常にわかりやすく良く出来ていると思う。行政概論・環境概論・特別管理産業廃棄物概論・業務管理・安全衛生管理、そして収集・運搬と非常に多岐にわたるが、重要項目はわかりやすく解説されている。
また、法改正による留意点もしかり。時間をかけてあるいは日常業務での確認にこのテキストを活用すれば有効なことは間違いない。
しかし、問題は受講者の心構えと講師の指導方法にあると思う。
短時間で全体を理解させるにはある程度やむを得ないとは思うが、いかにも最終日の試験に受かるために「ここは試験に出ますよ」的な指導方法と、「試験に出るところだけ教えて」的な受講態度はいかがなものか。
今回の講師の先生は総じて、実務面に重点を置いた重要項目をしっかりと伝えようとされている方が多かったので、特に受講者側のレベルが…。
かく言う私も講師の言われるとおり、重要項目にはマーカーを引いて試験対策をしたわけだが、今回痛感したのは4回目の受講だからこそ余裕があったのかもしれないが、そのマーカーを引いた部分あるいはその関連項目の重要性や趣旨自体に興味を持つ事が出来、今更ながら「なるほど」と思うことが非常に多く、要は「腑に落ちた」という事。
初めての許可申請で、必要に迫られて受講し、且つ落ちるわけにはいかない方にとっては「試験に出るところだけ教えて」はやむを得ないとは思うが。もう一度、業を営む者としての意味を考えさせられる3日間だった。

Filed under: 雑感, 環境・リサイクル, 教育, 企業経営 — shizume @ 23:58:47

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。

ブログ
フコックス社長日記
トップページ | プライバシーについて | サイトマップ
COPYRIGHT (C) 2007 FUCOX all rights reserved. 禁無断転載