株式会社フコックス
トップ3PL事業粉粒体事業環境事業ブログ『フコックス社長日記』採用・就職安全と環境のために会社概要お問い合わせ
フコックス > ブログ > 社長ブログ
フコックス社長日記

2011/6/8 水曜日

no.54 防災フォーラム

dsc_0009.JPG
先月の話で恐縮だが、去る5/23に東京都トラック協会の総会が開催された。
総会参加の会員数が例年に比べると少ない気がしたのは私だけだろうか。
通常は総会終了後は懇親会となり、立食のパーティーになるのたが、今年は「防災フォーラム」と題して
石原東京都知事に御講演いただいた。
毎年東ト協の総会に石原知事は必ず出席して頂いている。
いつも「東京の空気がきれいになったのはトラック協会の皆さんのおかげ」と必ずおっしゃっている。
今回は東日本大震災をうけ、「災害にもっとも弱い」東京をどうしていくのか、また、この教訓をどう活かしていくのか、熱く語られていた。
特に震災直後の「天罰」発言ではなく、今回の震災を「天の警告」とし、我欲をすて一丸になって取り組んでいかなくてはならないことを強調されていた。

石原知事にしてみると、今回の政府の対応が歯がゆくてならないのだろう。警視庁の放水車や東京消防庁のハイパーレスキュー派遣のはなしも実際に起きたドタバタ劇を裏付ける内容だった。

都知事が毎年総会に必ず出席していたけるのは例の「都条例」が我が業界にどれだけの犠牲を強いたかを理解しているから。
国を動かすにはまずは自ら動く事。それが東京都なら強烈なインパクトになり得る。
実際に環境規制で先鞭をつけたのは事実。

賛否両論あるにせよ、行動することは大事。

災害復興のスピードを上げるにはいったいだれが旗を振ればよいのだろうか?

Filed under: 雑感 — shizume @ 14:57:46

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。

ブログ
フコックス社長日記
トップページ | プライバシーについて | サイトマップ
COPYRIGHT (C) 2007 FUCOX all rights reserved. 禁無断転載