株式会社フコックス
トップ3PL事業粉粒体事業環境事業ブログ『フコックス社長日記』採用・就職安全と環境のために会社概要お問い合わせ
フコックス > ブログ > 社長ブログ
フコックス社長日記

2012/8/22 水曜日

no.138 東京タワー修理完了

201208eauc-027.jpg
昨年の3.11で曲がってしまった東京タワーのてっぺん。
ようやく修理が終わり(まだ養生は残っているようだが)、また美しい姿が戻ってきた。
スカイツリーに比べるとかわいい姿となってしまったが、やはり「東京タワー」がいいなっ。

Filed under: 雑感, 災害復興 — shizume @ 23:13:29

2012/8/15 水曜日

no.137 最近の青空

201208eauc-039.jpg
暑い日が続く今日この頃。
最近思う事。
空が「青い」。
子供のころ、夏休みに行った臨海学校の「いわい海岸」。
あの頃の空が戻ってきたような…。
まさに、絵日記にクレヨンで描いた「青い空」がそこにはある。

我が物流業界が苦労してクリアしてきた「排ガス規制」。

石原都知事がペットボトルを振りかざし指摘した「PM」。

都知事の指定する「DPF」はあまり機能しなかったが、とにかく規制値をクリアするため必死の努力をした。

まだまだ使えるトラックを新車に代替。

いろんな事があった。

その結果がこの昔に戻ったようなこの「青い空」か。

確かに東京の空はきれいになった。

入道雲も照りつける太陽も、水面の照り返しも。

どこかタイムスリップしたように、子供のころの夏休みの情景を見ているような今年の夏。

と思うのは私だけだろうか…。

Filed under: 雑感, 環境・リサイクル — shizume @ 15:09:08

2012/8/12 日曜日

no.136 富岡八幡宮例大祭

maturi1.jpg
本日は地元「富岡八幡宮例大祭」だった。
本来は昨年開催の予定だったが、震災の影響で一年延期になった。
赤坂の日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭とともに「江戸三大祭」の一つに数えられ、3年に1度、八幡宮の御鳳輦が渡御を行う年は本祭りと呼ばれ、大小あわせて120数基の町神輿が担がれ、その内大神輿ばかり54基が勢揃いして連合渡御する様は「深川八幡祭り」ならではのもの。
別名「水掛け祭り」と呼ばれる通り、真夏の熱気にまぎれる担ぎ手に、神輿もろとも大量の水をかける。まさに夏の風物詩。「下町の心意気」である。
私自身は地元佐賀町の生まれなので、子供のころは山車をひいた覚えはあるが、その後、引っ越してしまったので神輿を担いだことは残念ながら無い。
昔は我社のドライバーの有志が担いだと聞いている。
ともあれ、やはりこれだけの祭りが地元深川にあると言う事は誇らしい限りである。
東ト協深川支部の会員会社からも水掛け用のバケツや水タンクを大量に積むために、地元町会に大型平ボデー車両を提供し、荷台の上から社員総出で水をかけまくる姿を見た。楽しそう!うちもやってみたいな。次回の大祭の時、名乗りを上げ、社員の中から参加希望者を募ってみるか?
ところで、折角の本祭である。我がグランナチュール門仲店もここぞとばかり総出で拡販に努めた。

201208eauc-009.jpg

画像はシェフ姿の土居さんと飲み物を売る柏さん。
ここぞとばかり、「深川シュー(アイスバージョン)」の試食配布に全力投球!
それにしても、土居さんのシェフ姿。妙に似あっていると思いませんか?

Filed under: 雑感, 業界, 食品事業 — shizume @ 22:27:07

2012/8/8 水曜日

no.135 ツール・ド・フランス2012

yaye2012skyyyyyoy.jpg
世の中は「ロンドンオリンピック」真っ盛りではあるが、ちょっと前に開催された世界最大の自転車レース「ツールドフランス2012」について。
今回で99回目のレース。2012年6月30日から7月22日にかけて開催された。
うちはJsportsを契約していないのでリアルタイムでは見ることはできなかったが、ネットや時たまニュースで紹介される画像を見て、ひとり興奮していた。
三週間で延3,496.9 km を走る過酷なレース。
今年は画像の黄色のジャージ(マイヨ・ジョーヌ=個人総合優勝者に与えられるジャージ)のウィギンス(英国)が見事優勝。
yaye2012e.jpg
我が日本を代表する新城幸也(チーム・ヨーロップカー)が第4ステージで敢闘賞を受賞。その後もチームのエース=ヴォクレールをアシストして山岳賞取得に貢献し、総合84位に食い込む健闘を見せてくれた。これは歴代日本人として最高位の二桁台入賞だ。

今回は最近では最大規模の落車が起きたり、何者かによってコース上に鋲がまかれたりいろいろあったが、なんといってもウィギンス属するチームスカイの組織だった戦い方が印象に残った。
自転車レースでも企業経営でも相通じるものがある。
さあ、次はオリンピックだ!

ちなみに私の次のレースは富士スピードウェイにて、9/22開催の「富士チャレンジ200」だ。
今回はなんとチームエントリーではなく、ソロでエントリーしてしまったので、一人で200km!
7時間で走り切れるかっ!  DNF(do not finish)かっ!

Filed under: 雑感, 趣味, 企業経営, 自転車 — shizume @ 22:49:12

2012/8/4 土曜日

no.134 茨城営業所

201208eau-011.jpg
8/3に「大洋土つくりセンター(鉾田市)」に行った際、折角茨城県内に行ったのだからうちの茨城営業所にも激励に行こうと思い、つくば市内にある「茨城営業所」に向かった。
同一県内でも「大洋土つくりセンター」からつくばまでは結構時間がかかり、到着予定よりも遅れてしまった。
実は開設以来初めての訪問となる。反省。
生憎、関所長始め男性所員は全員出払っており(前振りなしでの訪問なので当然!)、紅一点の稲葉さんが出迎えてくれた。
一通り営業所の活動等報告をうけ、小さな営業所ではあるが、所長を中心にまとまって、積極的に活動してくれているので安心した。
ちなみに、稲葉さんはこの10月に結婚されるそうで、実はその披露宴の出席票を手渡しする意味もありの訪問だったのだ。無事手渡し完了し、帰途についた。
営業所訪問は常に心がけているのだが、現実はなかなか思うように実行できていない。
言い訳は通用しないので、時間を作り出して訪問機会を増やそう。
大いに反省。反省だけならサルでもできるなんて言わないでくださいね。

Filed under: 雑感, 企業経営 — shizume @ 22:50:36

2012/8/3 金曜日

no.133 大洋土つくりセンター

koujyou01_400.jpg
久々に大洋土つくりセンターに行ってきた。
真の循環型社会形成のモデル事業として古畳を原料とした堆肥工場として早十余年が過ぎ、一歩一歩着実に歩んできた。
まさにより良い「土つくり」のため、関係するすべての人の協力と努力があってここまでこれたのだとつくづく思う。感謝。
我社の関連事業として、また環境事業のパイロットプラントとして今後、益々重要性が増していく事は間違いない。
みんなで頑張っていきましょう!

Filed under: 雑感, 環境・リサイクル — shizume @ 23:03:21

2012/8/1 水曜日

no.132 試験

201208eau-ceaiai.JPG
no.131で横浜に行ったと書いたが、なぜ横浜まで出向いたのかというと…。
新規に貨物自動車運送事業の許可を申請する場合、経営者(常勤役員のうち1名)が法令試験を受け、合格しなければならなくなった(平成15年2月28日公示)そうだ。これも「正直者が馬鹿をみない世の中」を目指す監督官庁の施策の一環。経営者の資質を問うということか。
今般、新規に運送会社を設立することになったため、私自身が運行管理者試験以来の久々の受験となったわけである。
いままで、経営者が試験を受けるなんて聞いたことが無かった。それもそのはず、平成15年からそうなったようで、いまさら「そんなの聞いてないよ〜っ!」というわけにはいかず、渋々横浜の合同庁舎に向かった。
試験の通知文には「自動車六法」のみ持ち込み可となっていたので、一応最新版を八重洲ブックセンターで購入。とりあえず試験対策用抜粋を作り本書と共に持参した。
当日は車両火災が起きるほどの酷暑。近くの駐車場に車を止めて、合同庁舎まで歩くと汗びっしょり。
いざ受験と相成った。
ところが、周りを見渡すとなにやら過去問のコピーらしきものをみんな持っているようで、試験開始前のオリエンテーション時に試験官から「机の上には筆記用具と「自動車六法」のみ出しておくように」との指示にもかかわらず、いざ試験開始後もそのコピーらしきものを見ながら回答している人がほとんど。
おもわず手を挙げて、試験官に「すいませんが、六法の抜粋コピーを見ても良いのですか?」と尋ねたら、曰く「いいですよ」ときた。
なーんだ、分厚い六法をひっくり返す必要など無かったわけで、だったら「最初から言ってよっ!」である。
とにかく、引っかけ問題が多かったが、当然パーフェクトアンサー(と思う)で終了。
無事、合格となった。
合格証が出るのかと思ったら、画像の通り実施通知書に赤い「合格」の印がペタリと押してあるのみ。なんだか気が抜けた。
終了後、私の合否が心配だったのか(失礼なっ!< (`^´)>)我社の管理本部からメールが入り、思わずこの画像を添付して返信してやったっゼ! ワイルドだろっ!

今回の試験会場には大勢の新免申請者が来ていた。
合格発表まで時間があったので、その中の何人かと話ができた。
比較的若い受験者は「今までドライバーとして勤めていたが、この度独立して会社を興す」と言っていた。
思わず「エライっ!」と言って激励したが、「でも、この業界は仕事は面白いけど厳しいよ、がんばって」と付け加えてしまった。
正直者が馬鹿を見ない世の中に早くなってほしいものである。

Filed under: 雑感, 教育, 企業経営, 業界 — shizume @ 22:25:57
ブログ
フコックス社長日記
トップページ | プライバシーについて | サイトマップ
COPYRIGHT (C) 2007 FUCOX all rights reserved. 禁無断転載