株式会社フコックス
トップ3PL事業粉粒体事業環境事業ブログ『フコックス社長日記』採用・就職安全と環境のために会社概要お問い合わせ
フコックス > ブログ > 社長ブログ
フコックス社長日記

2016/8/15 月曜日

no.192 スマートロジスティックス&スマートドライバー

1394842005489.jpg

我が社は今年で創立80周年を迎える。
この間、様々な山坂を乗り越えここまでやって来れたのは、ひとえに会社とともに歩んできた歴代社員の皆さんと、我々を支えていただいたお客様のおかげと心より感謝申し上げます。
私自身、還暦を迎える年となり、ふと過去を振り返り、将来を考えた時、それぞれのタイミングで大きな転換期があったこと痛感している。

私が社長に就任したのが平成4年。

まだ30代の若造が、それなりに将来を漠然と考えていた時、出会ったのが「3PL」というコドバだった。
その少し前に世の中は国鉄がJRに変わり、佐川さんが台頭し始め、ヤマトさんが宅急便をスタートしたころ。

これからの物流はどう変わっていくのか、うちの会社は世の中の変化にどう対応したら良いのか。
当時の業績はいたって順調に推移していたが、漠然とした将来への不安が心の奥底に有り、何かしなくては何か変えなくてはとの焦りも有った。

そんなある日、心ある主要顧客の役員さんの一言。「うちの仕事をきちんとやってもらう事は当然だが、うちの仕事だけで食っていけるとは限らないよ。世の中は変わっていくんだから…….。」 心に響いた。

そこで当時参加していた勉強会で出会ったのが「3PL(サードパーティーロジスティクス)」の概念。

最初は横文字に抵抗は有ったし、日本には馴染まないな程度の印象だった。
しかし、よくよく考えてみると従来からやってきた我が社の業務って3PL発想そのものなんじゃないか。
これってひょっとするとすごいことなんじゃないか…。
だったら思い切って突っ込んでみてもいいかも。
ということで、若気の至りと言われるかもしれないが、新人と中途採用を集めて「3PL事業部」を作った。
空いている倉庫を使ってお客様の在庫管理業務と出荷・配送業務をまるごと受注した。
当時は「物流コスト分析させて下さい」なんて簡単な営業トークに「売上高物流コスト比率」程度を武器に、エクセルで現状との比較表程度を示すことで比較的簡単に受注が出来た。

内職屋さんからパートさん5人で始めたお菓子のセット作業もその当時のこと。
いまや登録パートさんだけで100名をゆうに超えている。

そうだ、これしかないっ! と思い込んでひたすら突っ走ってきた。

あれから約20年以上が過ぎ、その間インターネットの急激な普及もあって、一時は「3PLの次は.セメント物流の共同受注・配車・売上回収+決済代行だ!」と会社まで設立したが、これは時期尚早。早々に撤退。

そして今、ググるなんて言葉が普通に使われるようにネットとセンサーの普及は予想をはるかに超えたスピードで世の中を変えている。

時代は「I oT」か…。

いまや通販では当日配送も当たり前の時代。ドローン使って空から配送?いったいこれから物流ってどうなるの?
なにもメディアに踊らされるつもりはないが、世の中の変化をまじめに、冷静に考え導きだした結論。

それは「スマートロジスティクス&スマートドライバー」。

Amazonを真似たって出来る訳ないし、ヤマトさんや佐川さんと同じことは出来るはずがない。
だったら身の丈にあった対応をしていこうよ。幸いインターネットとクラウドがあるじゃない。

ドイツの国家戦略「インダストリー4.0」とGEを筆頭にアメリカのIT軍団の提唱するIIC連合が連携する現在、
今まで中小零細では出来なかったスマート化は、今なら出来るはずだ。

まずは我が社にとって第二世代となるデジタコの入れ替えが、この夏以降に始まる。
当然、ドラレコ機能と連動+ETC2.0。
かつて(第1世代)は事故防止と燃費削減が第一義としてあったが、今回は安全と品質向上のツールとして徹底活用していく計画。
加えて貴重な人財であるドライバーさんの働き方を変えていくような取り組みも目指したい。

ただでさえ、少子高齢化社会におけるプロドライバー不足は深刻化する一方なのに、労働環境の改善は一向に進まない。
国交省と厚労省が音頭をとって始まった「トラック輸送における取引環境・労働時間改善中央協議会」。
国が我々トラック運送事業者だけでは解決出来ない問題を荷主業界も巻き込んで取り組もうと動き出している。

こんなチャンスはかつて無かったはずである。

だからといって実業を知らない上の方の人たちだけでいくら話し合っても、解決策はなかなか出ないとは思うが、とにかくチャンスであることは間違いない。

いまこそ身の丈にあった所から始めよう。
取り込めるものは顧客からでも、同業者からでも、車からでも、フォークリフトからでもなんでも自動で取り込もう。

そしてビックデータ化(そんなに大それたものではないにせよ)して解析しよう。どこに問題が隠されているか、どうすればより効率化できるか、より人間らしい仕事ができるか考えだそう。

言うは易し、行うは難し。

だけれども、動き出さなければ始まらない。3PLに飛びついたときのように。

我が社は「I o T」ならぬ「I o S(Internet of Service)で「スマートロジスティックス&スマートドライバー」の実現を目指します。

Filed under: 雑感, 企業経営, 業界 — shizume @ 22:28:27

2015/11/7 土曜日

no.185 作業支援ロボット

yuyydhyayyo.jpg

去る10/14、私が加盟している「東京トラック同友会」の研修会で作業支援ロボット「HAL」の実演デモがあったので、既報の産廃講習終了後に駆けつけた。
我が国の産業用ロボットはファナックをはじめ、その高機能は知られているが、生身の人間に装着し、作業を支援するロボット(機械)とは…。
以前から興味はあった。
我が社で実際に直面している問題としてはドライバーの高齢化に伴い、袋セメント等(1袋25kg)や古畳等のトラックへの積み込み・荷下ろし作業の改善は大きな課題となっている。また倉庫内での作業現場でも労働環境の改善はさけて通れない。
そんな中で作業支援ロボットがどの程度実用に耐えられるか是非ともこの目で見てみたかった。
今回はダイワハウス社が資本出資して、自らの現場でも実証実験を始めている筑波大学の山海嘉之教授が設立した「サイバーダイン社」のHALという作業支援ロボットのデモを見る事が出来た。

元々介護用に開発されたもので、背中にセンサーを取り付け筋肉の動きを感知してモーターを駆動させるという構造のようだが、我が社から3PLの畑中部長に体験してもらった。
重いものを下から持ち上げる作業では確かになれれば効果はあるようだが、今ひとつ反応がワンテンポ遅れるとの事。
また、腰まで持ち上げてもそこから上への作業はアシストされない。

今回のHALは腰の負担軽減を考慮したものなので、確かに寝ているよう介護者を持ち上げてベットに移したりする作業には適しているのだろう。
我々物流業の作業系には専門の開発が必要なことはわかっていたが、だからこそ是非とも実証実験をやってみたい。ダイワハウスさんあるいはサイバーダインさん、なんとかならないでしょうか?
出来ればごついガンダム的なアシストスーツではなく、今はやりのコンプレッションアンダーウェア的なスパイダーマンばりのボディスーツで。

Filed under: 雑感, 安全, 3PL, 企業経営, 業界 — shizume @ 23:00:27

2015/10/9 金曜日

no.183 トラックの日

yeyeyayiaeu2015.jpg

10/9は「トラックの日」。東ト協深川支部青年部が中心となって、江東区立平久小学校低学年を対象とした「交通安全教室」を開催した。
警視庁深川警察署、深川交通安全協会の協力を得て死角体験、左折時の巻き込み等を実演。
子供たちも、真剣に学んでくれたようだ。

yeyeyayiaeu2015-2.jpg

昨年は、我が社からもバラ車(丁度新車が納車されたので、本社配車センターの亀田君の運転で)を持ち込んだが、
今年は校庭の入口が狭いため、断念した。

yeyeyayiaeu2014.jpg
昨年の様子(バラ車と亀田君)

一人でも交通事故犠牲者を減らすために。

Filed under: 雑感, 安全, 教育, 企業経営, 業界 — shizume @ 23:10:34

2015/10/1 木曜日

no.181 緑のおじさん

idhiuo2.jpg

秋の交通安全運動が終了した(9/21〜9/30)。
今年はシルバーウィークとやらで休日が多かったため、実働日数が少なかったが恒例の「緑のおじさん」として街頭指導にあたった。
我が社も期間中、安全運転強化中の腕章を今回から導入。文字通り安全運転の啓蒙をはかった。

ioi.jpg

ちなみに9/30は内閣府が「交通死亡事故ゼロを目指す日」に制定しているのをご存知の方はどのくらいいるのだろうか?

平成20年に制定されたそうなのだが、勉強不足の私は恥ずかしながら今回初めて知った。

事故防止は最重要課題。キャンペーン期間が終わってもこころして取り組んでいく。

Filed under: 雑感, 安全, 業界 — shizume @ 23:35:18

2015/8/20 木曜日

no.176 TDR→サービス→トッピング→SLA→書面化

20158ycyyye3.jpg

前回の更新で既報のとおり、久々に東京ディズニーリゾート(TDR)を訪れて感じた事。
それはサービス業の基本。
今回、家族でディズニーランドに行った訳だが、その中で一人誕生日が8/15だったのが義理の息子。
そこでランドで誕生日を迎えるのもいいだろうというのも今回の計画のひとつだった。
事前にネットでバースデープランや特典を調べてみた。
私の中ではディスニーのことだから、さぞかし様々な特典が用意されているだろうと思っていた。
結果、確かにバースデープランは色々あった。ミッキーやミニーと記念撮影してフォトフレームや記念グッズのプレゼント付きやシェフ・ミッキーというレストランでのバースデーケーキ付きもある。
そもそもの入場券もバースデーパスポートと称するオリジナルぬいぐるみ付きで、且つそのパスポートを持っていれば、園内のキャストが「おめでとう」アクションをとってくれる?etc…。
日本人の感覚では、それらの付加サービスは無料で、期待感としては割引があるのではなんて思ってしまうのは私だけだろうか?。
ところがというか、さすがというか、「夢と魔法の国」ではそれら付加サービスはすべてプラスオンの有料なのだ。
そう、付加価値=有料つまり気分良く過ごすためにはそれなりのコストが必要という当たり前の構図。言うならば「トッピング方式」。
「日本人の感覚」=サービスはタダという常識が、ここ「夢と魔法の国」では、ゲスト(顧客)が気分良くなるため、より楽しく過ごすためのコストなら喜んで払うという事実。これって同じサービス業としてのわが物流業界にも当てはまるのでは?
現実は否。何が違うのか。
我々は提供するサービスの内容と、それに対する保証を明確に出来ているのか?
そもそも契約自体が明確になっているのか?
だからこそ、これからは物流の世界でもサービス内容を明確にして目標値を定め、かつ保証するSLA(Service Level Agreement)発想が必須だ。
そして現在国交省が進める「トラック運送業における書面化推進」もそのひとつだろう。
日本の常識を変えていくには相当の労力と理論武装を伴う交渉力が必要とされる。
しかし、この壁を乗り越えていかなければ我々の将来はない。

Filed under: 雑感, 企業経営, 私事, 業界 — shizume @ 23:55:00

2015/7/25 土曜日

no.174 セーフティードライバーコンテスト達成事業者として表彰されました。

oieessacn2015e3.jpg

去る7/13日。ティアラ江東で開催された「東ト協深川・城東支部合同事故防止大会」において、我が社が表彰されました。
これは、毎年恒例となっている警視庁主催の「セーフティードライバーコンテスト」(期間平成26年10月1日〜平成27年3月31日)に参加し
且つ無事故無違反達成チームが15チームと支部最多であった事から、達成事業者の中から代表して表彰状を受け取ってきました。
5人1チームで登録し、期間中私用での運転も含めて無事故無違反を達成しなければならないので、チーム員の一人でも違反すればそのチームは全員未達成となる連帯責任となる事から、安全運転の啓蒙につながると考え、当社は毎年参加しています。
次回はより多くの達成チームを出せるよう、頑張りましょう。

Filed under: 雑感, 安全, 教育, 業界 — shizume @ 22:36:54

2013/2/1 金曜日

no.171 東京都防災倉庫視察

去る1/30。東京都の江東区内にある防災備蓄倉庫4ヶ所を視察した。
これは、東京都トラック協会が東京都と協定を結び、災害時に防災備蓄倉庫の荷役業務を委託されたため。
都内17ヶ所の備蓄倉庫を最寄りの支部が担当するため、我が深川支部と城東支部が江東区内4ヶ所の倉庫を担当することとなり、事前に現状を視察することとなったのだ。
要は、災害発生時に担当する備蓄倉庫に我々トラック協会加盟会社が急行し、都からの指示により物資を選別出荷すると言う事。
それぞれの倉庫は平常時は施錠されているのでマスターキーは都庁にあり、サブのキーは最寄りの消防署に保管されているそうで、平日夜間あるいは祝祭日は最寄りに居住している都の職員がカギを持って倉庫に急行するとの事だが、平日昼間は当然職員は都庁にいるわけで、我々が消防署に行って倉庫の鍵をすぐに渡してもらえるのか等の諸課題はこれから詳細を検討するそうだ。
とにかく、緊急物資輸送はすでに何回も経験済みなので対応できるが、備蓄倉庫のオペレーションを担当すると言う事はよほど事前の準備をしていないと、混乱し、機能しなくなることが予想される。
はたして災害時にはたして倉庫までたどり着くことができるのか?
指示命令系統はどうするのか?
視察した感想は
^豈各倉庫とも、自家発電装置は備えてあるようだ。
江東区内ということもあり、すべて水害を考慮して高床式で、通常のプラットフォームよりもかなり高い=車両との間にかなりの段差が発生する。
3気輿匕砲瞭り口等高さが確保されていないため、4tクラスの箱車も入庫が困難
な欖品法がパレット積みされていないため、すべて人海戦術で対応するしかない。
ゴ存の荷役機器(ベルトコンベア・ローラー台等)の老朽化がみられ、メンテナンスが必須。
Χ杁淹に最小限の人数で対応できるような改善は必須。

等々課題山積であったが、少なくとも今回視察が出来たことは今後の改善に着手できるという事なので、我々も指摘するところはきちんと指摘し、機能する備蓄倉庫にしていくことが命題だと感じた。

場合によっては平常時24時間365日稼働している我々の仲間のセンターを活用し、業務委託した方が、遥かに効率的で緊急時に本当に機能する備蓄倉庫となり得ることも考えられる。

そんなことも現場の声として提案していくことが大事だと思うので、積極的に発言していこうと思う。
 

Filed under: 雑感, 業界 — shizume @ 23:22:05

2013/1/11 金曜日

no.165 吉原キャプテン登場!

20131ieau-030webinueyyayyaeyo.jpg

「随分背のデカイ女性が入ってきたな」と思ったのは、東京商工会議所江東支部の賀詞交歓会。
まだまだ「賀詞交歓会」ラッシュは続いているが、そんな中、上記の会場に登場したのは元全日本女子バレーのキャプテン「吉原知子」さんだった。東京五輪招致委員会スタッフとしてのお役目での参加。
デカイはずだよ、公式プロフィールによると身長180cm。最高到達点305cmとな。
彼女もアテネ五輪出場世代だからもう40をとうに超えているんだね。
オリンピック招致、がんばってください。

Filed under: 雑感, 業界 — shizume @ 23:12:05

2013/1/9 水曜日

no.164 安部総理登場!

20131ieau-021aeooae.jpg
今年に入って5件目の「賀詞交歓会」。
日本生産性本部主催の会場に、少し遅れて到着したらなにやらSPらしき人がたくさんいて、
「総理がお見えになりますから、空けてください!」と叫んでいた。
とりあえず会場に入った時には主催者側のあいさつが終わった時だった。その直後に「総理」登場と相成った。
ジャストタイミング。
20131ieau-022webaeooaec.jpg

会場が広いので、スクリーンに映し出された「総理」をパチリ。
あまり大きな声では言えないが、私は安部総理と大学が一緒。歳は私が二つほど下となるが、誕生日も一緒(らしい。)。
だからというわけではないが、今回の登板はなんとか頑張ってほしい。
問題は山積しているが、何といっても日本が復活して元気を取り戻すことに誰も異論はないはず。
諸問題を先送りすることなく、正面からぶつかっていってほしい。

単純な「期待感」だけではないにせよ、株価は上がり、円安に振れている。

参加した「賀詞交歓会」はほぼすべてが「明るい」。去年とは明らかに違う。

今年を良い年にするためにはもちろん「自助努力」しかないが、せめて新政権が期待倒れに終わることなく、がむしゃらに突き進んで実効を上げ゜てほしい。がんばれ安部ちゃん!

やっぱりこれが「期待感」か…。

Filed under: 雑感, 企業経営, 業界 — shizume @ 23:36:07

2013/1/5 土曜日

no.163 新年賀詞交歓会スタート

20131ieau-003webecn.jpg

お客様への新年のあいさつ回りの間をぬって、各種団体の「賀詞交歓会」がスタートを切った。第一弾は地元「江東区」主催。
山崎区長の年頭の辞には「東京オリンピック招致」が力強く語られた。
そう、東京で開催されたら江東区で十数種目が行われる。
これは地元としては外せない。9月の開催地決定まで、招致活動は続くが、我々もぜひとも盛り上げていきたい。
目の前で、リアルタイムで、アスリートの汗と鼓動を感じられるなんてすばらしいことでしょ。

Filed under: 雑感, 企業経営, 業界 — shizume @ 22:21:35
ブログ
フコックス社長日記
トップページ | プライバシーについて | サイトマップ
COPYRIGHT (C) 2007 FUCOX all rights reserved. 禁無断転載