株式会社フコックス
トップ3PL事業粉粒体事業環境事業ブログ『フコックス社長日記』採用・就職安全と環境のために会社概要お問い合わせ
フコックス > ブログ > 社長ブログ
フコックス社長日記

2016/3/29 火曜日

no.188 公衆電話

oaaia3.jpg

2年間監禁されていた女子学生が保護された事件を受けて、通勤途中のラジオで聴いた内容にびっくり。
この女子学生が保護されたときは、公衆電話から自ら親と警察に電話をかけ、助けを求めたそうである。
これだけ聞くと、ふ〜んという程度だが、この公衆電話で助けを求めた点に最近の若い親は注目しているようで、街頭インタビューの反応は「自分の子供に公衆電話の掛け方を教えておかなければ」ということだったというのだ。
最近の子供(高校生以下)は公衆電話の掛け方を知らないという驚愕の事実!…。そんな馬鹿なっ!
と思いながら引き続きラジオに耳を傾けていると、高校生程度でもそもそも携帯・スマホ主流の現在、受話器というものを使った事が無いという声が出るわ出るわ。
仮に公衆電話を使ったとしても、受話器を取ってからお金を入れるということを知らないので先にお金を入れてしまい、そのまま戻って結局何回やってもダメなので故障かと思いあきらめただとか、電話ボックスって何?という子もいるようだ。
携帯の普及により公衆電話の設置台数は間違いなく減少していることは認識していたが、まさかこんな事になっているとは知らなかった。
確かに、携帯やスマホはダイヤルが先でも通話ボタンが先でも電話はかけられる。
実際に災害等の緊急時の連絡手段として公衆電話を使う事もあるのだから、笑い事ではなく子供たちに「公衆電話の掛け方」くらいは教えておかないとダメかも。
そういえば、最近は社内でも営業は携帯で商談していることも多いし、私の娘夫婦の自宅には固定電話は無い。
新入社員教育で「公衆電話の使い方」を指導する日がくるのも遠い先の話では無いかも???
それに子供たちの教育だけではなく、我々大人も携帯やスマホべったりの生活で、覚えている電話番号は自宅と会社くらい。
あとは内蔵アドレス帳頼みだもんね。
このような事象を進歩とみるか、退化とみるか。 夜も眠れない?

Filed under: 雑感, 教育 — shizume @ 23:58:21

2015/11/1 日曜日

no.184 産廃更新講習

cno.jpg
去る10/14〜16の三日間、「特別管理産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会」という長い名前の講習会を受講してきた。
これは我が社が既に許可を受けている「特別管理産業廃棄物の収集・運搬」の更新のために、5年毎に経営者が受講し、最終日の考査合格が条件となるため許可業者としては必須の講習となる。
かれこれ私も今回の受講で4回目。さすがに基本は頭に入っているが、問題は関連法規が改正になる事。
講習に使うテキストは非常にわかりやすく良く出来ていると思う。行政概論・環境概論・特別管理産業廃棄物概論・業務管理・安全衛生管理、そして収集・運搬と非常に多岐にわたるが、重要項目はわかりやすく解説されている。
また、法改正による留意点もしかり。時間をかけてあるいは日常業務での確認にこのテキストを活用すれば有効なことは間違いない。
しかし、問題は受講者の心構えと講師の指導方法にあると思う。
短時間で全体を理解させるにはある程度やむを得ないとは思うが、いかにも最終日の試験に受かるために「ここは試験に出ますよ」的な指導方法と、「試験に出るところだけ教えて」的な受講態度はいかがなものか。
今回の講師の先生は総じて、実務面に重点を置いた重要項目をしっかりと伝えようとされている方が多かったので、特に受講者側のレベルが…。
かく言う私も講師の言われるとおり、重要項目にはマーカーを引いて試験対策をしたわけだが、今回痛感したのは4回目の受講だからこそ余裕があったのかもしれないが、そのマーカーを引いた部分あるいはその関連項目の重要性や趣旨自体に興味を持つ事が出来、今更ながら「なるほど」と思うことが非常に多く、要は「腑に落ちた」という事。
初めての許可申請で、必要に迫られて受講し、且つ落ちるわけにはいかない方にとっては「試験に出るところだけ教えて」はやむを得ないとは思うが。もう一度、業を営む者としての意味を考えさせられる3日間だった。

Filed under: 雑感, 環境・リサイクル, 教育, 企業経営 — shizume @ 23:58:47

2015/10/9 金曜日

no.183 トラックの日

yeyeyayiaeu2015.jpg

10/9は「トラックの日」。東ト協深川支部青年部が中心となって、江東区立平久小学校低学年を対象とした「交通安全教室」を開催した。
警視庁深川警察署、深川交通安全協会の協力を得て死角体験、左折時の巻き込み等を実演。
子供たちも、真剣に学んでくれたようだ。

yeyeyayiaeu2015-2.jpg

昨年は、我が社からもバラ車(丁度新車が納車されたので、本社配車センターの亀田君の運転で)を持ち込んだが、
今年は校庭の入口が狭いため、断念した。

yeyeyayiaeu2014.jpg
昨年の様子(バラ車と亀田君)

一人でも交通事故犠牲者を減らすために。

Filed under: 雑感, 安全, 教育, 企業経営, 業界 — shizume @ 23:10:34

2015/10/6 火曜日

no.182 自らを守るため

yeyeyiy1.jpg
「装着したドラレコ」

遅ればせながら、我が社も社用車にドライブレコーダー(以下ドラレコ)を導入した。
トラックへの装着は現状のデジタルタコグラフ(以下デジタコ)の更新と、ETC2.0対応等を検討中なので遅れているが、今回は全社用車に装着。
急加減速、急ハンドル、速度超過等の事故につながる危険運転の防止はもちろん、GPS+インカメラ付きとなるので、動態管理と事故原因究明のための車内運転状況の同時管理となる。

yeyeyiy2.jpg
「インカメラ」

当然、我がブラックビューティー3号にも装着(隗より始めよ)。
日々の動きを安全管理部で監視されている(決して批判的な意味ではありませんので…。自主的に要請しました)。

万が一、危険な状況が起きた場合は、安全管理部の担当者と私にメールで危険通報(該当車両、日時、場所、発生時点前後2秒の静止画像)が自動送信される。
日々の運行状況は運転日報並びに安全エコ運転分析として管理者のPCで確認され、ひやりハットも含め、危険発生時の動画情報は今後安全会議等でビジュアル教材として活用していく。

現状ではセンサーの過剰反応等もあり、危険通報が数回送信されてきたが(もちろんBB3号で発生したものではないが)主に高速道のインターチェンジのカーブ時における横Gによるものが多いようだ。

我が社では既に12年前から営業用貨物車両にはデジタコを導入し、運転職の皆さんには社速の厳守による安全運転とエコドライブに協力して頂いてきた。
それにより重大事故の発生はもちろん、人身事故の発生率も非常に低く抑える事が出来てきた。しかし、それでも事故(もらい事故も含めて)は起きる訳で、今後は自らを守るためにも「ドライブレコーダー」の装着は効果をあげるだろう。

私のスマホに危険通報メールが一件もこない日が永遠に続くことを目指して。

Filed under: 雑感, 安全, 教育, — shizume @ 23:39:44

2015/7/25 土曜日

no.174 セーフティードライバーコンテスト達成事業者として表彰されました。

oieessacn2015e3.jpg

去る7/13日。ティアラ江東で開催された「東ト協深川・城東支部合同事故防止大会」において、我が社が表彰されました。
これは、毎年恒例となっている警視庁主催の「セーフティードライバーコンテスト」(期間平成26年10月1日〜平成27年3月31日)に参加し
且つ無事故無違反達成チームが15チームと支部最多であった事から、達成事業者の中から代表して表彰状を受け取ってきました。
5人1チームで登録し、期間中私用での運転も含めて無事故無違反を達成しなければならないので、チーム員の一人でも違反すればそのチームは全員未達成となる連帯責任となる事から、安全運転の啓蒙につながると考え、当社は毎年参加しています。
次回はより多くの達成チームを出せるよう、頑張りましょう。

Filed under: 雑感, 安全, 教育, 業界 — shizume @ 22:36:54

2013/1/27 日曜日

no.170 業績推進会議

20131ieaoaenuae-009.jpg
今年最初の業績推進会議。
恒例の団体表彰が行われ、
9事業所が表彰対象となった。
毎年の事だが、客観的な数字の評価では順位がついてしまうが、それぞれの部門はみんな頑張ってくれていると思う。
要は、現状を改善するために何が必要か。なにをやらなくてはならないか。
そして如何に行動していくかということだと思う。
何もしなければ、あるいは今までと同じことだけしかしていなければ、現状維持すら難しい。
そんな時代だからこそ、知識を智恵に変え、その智恵を活かして改善していかなければ結果は出ない。

just do it
yes we can

Filed under: 雑感, 教育, 企業経営 — shizume @ 23:07:23

2012/12/7 金曜日

no.159 一般貨物自動車運送事業新規許可事業者指導講習会@栃木運輸支局

201211-12eau-011.jpg

わけあって、今般新規に運輸事業会社を立ち上げることになったのは既報の通り。
経営者の法令試験も無事合格し、めでたく事業開始と相成ったが、今度はタイトルの通り「一般貨物自動車運送事業新規許可事業者指導講習会」という長〜い名前の講習会を受けなくてはならないとの事。
渋々、いや、勇んで栃木運輸支局に出向いた。
担当官の対応は非常に丁寧なのだが、内容は一言で言うと「つまらない」。
この業界にドップリつかっているからかもしれないが、新規許可事業者に対する最初の講習会なら、現行法規制の順守は当然として、トラック運送事業の重要性なり、社会的貢献度なり、もっともっと織り込んでキッチリやってほしい。
支局担当官からの講義、監督署担当官の講義、そして最後は適正化事業実施機関としてたぶん栃木県ト協の担当の話で全行程約2時間の講習は終了した。
極めつけは最後の適正化実施期間(県ト協)のお話はものの5分程度で終わり。
「厳しい社会的規制の中、物流事業者としてきちんと事業経営を行うためにはトラック協会に加盟してがんばってください!」程度の話は聞きたかったのだが…。

せっかく経営者の資質を問い、講習会まで行うならば、監督官庁としての厳格な姿勢や業界団体としての明確な役割等を表明すべきなのではないか。
せっかくの機会に、今の内容では時間の無駄と思うのは、私だけではないはずだ。

Filed under: 雑感, 安全, 教育, 企業経営, 業界 — shizume @ 22:04:23

2012/11/19 月曜日

no.157 実務担当者研修会

11/18、日頃現場で配車業務等を担当している実務者に集まってもらい、研修会を開催した。
主要顧客である住友大阪セメント衢佑ら、大津部長様と宇野課長様に現状のセメント業界の動向と輸送業者の役割等をお話しいただき、あらためて事故・クレーム等の撲滅とコンプライアンスに基づいた行動指針を確認した。
その後、質疑応答にうつり、さらに弊社監査役の岩崎氏の講演を聴講し、研修会を終えた。
9月からほとんど日曜を使って実施してきた研修会も、これを持って今年度は終了する。
「安全がすべてに優先」し、「コンプライアンス」経営が叫ばれる今日、いままでは「この程度なら」とか「みんなやっているから」といって目をつぶっていた部分が正直あると思う。
しかし、それが許されない世の中。
耳にタコができようと、「自ら襟を正して」取り組んでいくしかない。
生き残っていくためには。

Filed under: 安全, 粉粒体, 教育, 企業経営, 業界 — shizume @ 23:25:06

2012/11/10 土曜日

no.154 第4回学生による物流研究発表会

201210eau-nseenwebin.jpg
本日(11/10)、NS物流研究会主催「第4回学生による物流研究発表会」が東ト協本部大会議室で開催された。会場は学生の真剣な発表聴講するため物流企業経営者・人事担当をはじめ総勢150名の定員が満席になるほど盛況だった。
今回で4回目の開催となった当発表会。
第1回は我々会員事業者の発表と学生の発表の二本立てだったが、2回目以降学生の発表のみにしぼり、毎回若者のフレッシュな発想のぶつかり合いが火花を散らしている。
今回は神奈川大学・東京海洋大学の2校からそれぞれ2チームづつ計4チームの発表となった。

201210eau-069eene.jpg

結果は

優勝 東京海洋大学Bチーム
    「トラック業界の労働環境の改善! いかに若者をあつめるか」

準優勝 神奈川大学Aチーム
     「労働生産性向上による物流センターのコスト削減」

敢闘賞 神奈川大学Bチーム
     「トラック運送事業者の安全確保に向けた方策」

努力賞 東京海洋大学Aチーム
     「原価計算に基づく科学的な経営の有効性」

この日のために物流企業へのヒアリングにはしり、現場の実態調査に何度も足を運びながらこの日を迎えた学生たち。
どのチームも苦労の成果が表れており、僅差での順位付けは心苦しいが、明日への力として益々研究に励んでほしい。
来年は第5回の記念大会となる。参加校も増える見込み。
盛大に開催され、より中身の濃い発表会にしていきたい。

Filed under: 教育, 企業経営, 業界 — shizume @ 23:59:52

2012/10/28 日曜日

no.152 業績推進会議

201210eauc-webin.jpg
10/28(日)。定例業績推進会議@本社会議室
第二クォーター終了。いよいよ追い込み。
just do it

Filed under: 教育, 企業経営 — shizume @ 23:01:08
ブログ
フコックス社長日記
トップページ | プライバシーについて | サイトマップ
COPYRIGHT (C) 2007 FUCOX all rights reserved. 禁無断転載