株式会社フコックス
トップ3PL事業粉粒体事業環境事業ブログ『フコックス社長日記』採用・就職安全と環境のために会社概要お問い合わせ
フコックス > ブログ > 社長ブログ
フコックス社長日記

2012/11/19 月曜日

no.157 実務担当者研修会

11/18、日頃現場で配車業務等を担当している実務者に集まってもらい、研修会を開催した。
主要顧客である住友大阪セメント衢佑ら、大津部長様と宇野課長様に現状のセメント業界の動向と輸送業者の役割等をお話しいただき、あらためて事故・クレーム等の撲滅とコンプライアンスに基づいた行動指針を確認した。
その後、質疑応答にうつり、さらに弊社監査役の岩崎氏の講演を聴講し、研修会を終えた。
9月からほとんど日曜を使って実施してきた研修会も、これを持って今年度は終了する。
「安全がすべてに優先」し、「コンプライアンス」経営が叫ばれる今日、いままでは「この程度なら」とか「みんなやっているから」といって目をつぶっていた部分が正直あると思う。
しかし、それが許されない世の中。
耳にタコができようと、「自ら襟を正して」取り組んでいくしかない。
生き残っていくためには。

Filed under: 安全, 粉粒体, 教育, 企業経営, 業界 — shizume @ 23:25:06

2012/11/14 水曜日

no.156 アドレス入れました!

s150aaeoiycyeyiyaethewebin.jpg

我社の特色である「粉粒体運搬車」=バラ車は結構特殊な形をしているので目立つ。
友人や知人からよく「お前の会社の車ってでかくて変わったカッコしてるからすぐわかる」などという声を聞く。
「ところで何を積んでるの?」などと言われることも多く、いちいち説明するのも面倒なので…….。

新車から車体左側側面(歩行者から見えるように)にホームページアドレスを入れることにした。
s149acoiycyeyiyaethewebin.jpg

いかがでしょうか? ちょっと目立たないかな?
チョット地味かな?

わたしとしては、結構気に入っているのだが…….。

それと、自ら問い合わせ先を示しているのだから、何かあったらすぐにクレーム連絡が来るかも。
安全運転と模範運転を心がけましょうね。

Filed under: 粉粒体, 企業経営, — shizume @ 22:55:35

2012/3/14 水曜日

no.99 新規導入トレーラ

3yeyoyeycyyye25tyeyiye.JPG
粉粒体輸送業者の中でも最もトレーラ化が早く、顧客ニーズ対応と生産性向上のため、セミトレーラはもちろん、フルトレーラ、ミニトレーラ、中型トレーラ等々様々な車両開発を続けてきた我社だが、ここのところの輸送量の減少や輸送体系の大幅な変化に伴い、大型トレーラは減少傾向にあった。
しかし、現状は出荷基地の統廃合や需要地の変化により再び大型化のニーズは増大。加えて車両メーカーの技術開発により車両全長を抑えながら積載屯数を稼げる車両が出てきた。
そこで粉粒体輸送のスペシャリストとしては入れない手はない。
という事で新規ワイドシングル&リフトアクスルの3軸粉粒体タンクトレーラを導入した。
昔は需要を見込んで車両メーカーと共同で「こんな車作れない?」とか言いながら、新しい車を開発してきたのだが、現在は遅ればせながら、出来あいの車購入となるので、同業他社に先を越されているとは思うが、とにかく生産性向上のため、良いものは積極的に導入する。
最大積載量25.3t。リア3軸がダブルではなくワイドなシングルタイヤとなり、且つリア3軸のうち前2軸が空車時にリフトできる。
つまり空車時はリア1軸で走行可能となり、高速料金も低減できる。
今後の輸送需要に高効率で応えるため、活用していきたい。

Filed under: 粉粒体, 企業経営, — shizume @ 22:55:09

2011/2/23 水曜日

no.44 粉粒体物流のスペシャリスト

p1000660.JPG
このHPで紹介している我社の基幹事業が「粉粒体物流事業」=「セメント物流」である。
再度その紹介文を記すと

「創業以来フコックスのベース事業が粉粒体事業です。

現在の3PL志向あるいはロジスティックスの概念はセメントを中心としたこの粉粒体事業から始まりました。

単純な貨物の運送から、物流(ロジスティクス)へ。この大きな転換はフコックスにとって当たり前の出来事でした。なぜなら創業以来、お客様のご要望にそって物流周辺業務の代行を行い、徐々にその範囲を広げていったからです。受注・原材料の受入れ。工場内のオペレーション・在庫管理・施設メンテナンス等々を行い、最後にエンドユーザーへのデリバリーにつながる。この一連の業務をこなす事。そしてより良く改善していく事。これがフコックスに課せられた使命でした。

生まれたときからロジスティクス思考だったわけです。私たちはさらにこのベース事業に磨きをかけていきます。日本一の粉粒体物流スペシャリストとして。」

と記している。

まさに我社の生い立ちから始まって現在のフコックスの姿がこの文章に込められている。

そして、最後の部分で述べていること、「私たちはさらにこのベース事業に磨きをかけて行きます」。

ここに我社の意思を表した。

つまり、現状にとどまることなく、磨きをかけ、品質を上げ続けること。そしてお客様に信頼され、「フコックスに任せて良かった」と言っていただくこと。

社会の要求はどんどん上がっていく。

競合他社のレベルも上がっていく。

立ち止まってはいられないのだ。

なぜならウチは「日本一の粉粒体物流スペシャリスト」なのだから。

Filed under: 粉粒体 — shizume @ 8:57:39
ブログ
フコックス社長日記
トップページ | プライバシーについて | サイトマップ
COPYRIGHT (C) 2007 FUCOX all rights reserved. 禁無断転載