株式会社フコックス
トップ3PL事業粉粒体事業環境事業ブログ『フコックス社長日記』採用・就職安全と環境のために会社概要お問い合わせ
フコックス > ブログ > 社長ブログ
フコックス社長日記

2016/4/10 日曜日

no.190 逆走問題

aaa.jpg

この写真の少し先で事は起こった。
この週末、家からひとっ走りという事もあり、最後の桜を見たくて一案。
そうだ箱根ターンパイク、行こう!
と言うことで、一路箱根へ。
東名から厚木小田原道の終点へ。一般道へ入る左カーブの下りを過ぎようとしたその時、目の前に逆走してきたメルセデスがっ!
思わずフルブレーキングでリアが滑り、目の前に迫るスリーポインテッドスターがっ!………..。
止まった。
何とか正面衝突を回避。瞬間的にルームミラーで後方確認。後ろに車はいなかったので、追突の危険も回避出来てホッとした。
厚木小田原道出口だから当然1車線の一方通行。本来対向車が来るわけ無いのだが、これが逆走か。
生きた心地がしなかった。
幸い何とか避けられたが…。
相手はおばさん。ひたすら謝っていた。
そんなにご高齢という訳ではなさそうだったので、帰り際にその現場を確認した。
ターンパイク方面の一般道から厚木小田原道へ入るには本来もう少し先の左に入口があるが、車両進入禁止の標識はあるものの、確かに普段運転に慣れない人が、道を探しながら走っていれば間違えてしまうことはあるかもしれないな…。

逆走なんてあり得ないと思っていたが、認知症でなくてもあり得るという事を肝に銘じて予防運転に務めるしかないか。
それにしてもとにかく、無事でよかった。

Filed under: 雑感, 安全, 私事 — shizume @ 23:57:23

2016/1/13 水曜日

no.187 2015振り返り

yyayen.jpg
昨年11/27に手術後の自撮り!

新年早々へんな写真で申し訳ございません。
今年は申年で私自身は年男、加えて最後の本厄でもあるそうで。という事は昨年は前厄。
振り返ってみるといろいろな事が(個人的に)あった年だった。
1.春先に尿管結石になる→薬で散らす。
2.夏頃から首から肩にかけて異様にだるくなる→頚椎症性神経根症らしい(加齢っ!)
3.整形外科に通院するも改善見られず。
4.鍼灸治療に切り替える。
5.10月頃には首と左肩の傷み及び痺れは収まるが、右肩が痛くなる→五十肩
6.奥歯が欠ける→保険治療(見えないところなので安く済ませる)
7.10月、産廃更新講習受講中に再び尿管結石になる→再び薬で散らす。
8.犬歯の隣の歯が欠ける→保険適用外治療(見えるところなのでやむなくセラミックに。トホホ)
9.11月、右目がかすむ→診断の結果8年前の網膜剥離手術時に合わせて実施した白内障手術のなごり→硝子体混泥と診断→除去手術実施
10.右肩の痛みが改善せず鍼灸治療断念→痛み止めの注射(地元の大病院にて)を月一ペースで打つもあまり改善せず→現在に至る。

と10大ニュース風にまとめてみたが、全て体調に関わる事なので情けないやら…。
特に生まれて2回目の入院・手術がまた目が原因とは考えてもみなかった。

8年前の網膜剥離は約1ヶ月の入院となったが、今回は幸いな事に1泊2日で済んだ(というより無理矢理退院してしまったのだが)。
但し、今回の方が手術及び抜糸時の様子が鮮明に印象づけられてしまったのはなぜだろう?
当然、部分麻酔なので医師たちの話は聞こえるし、メスが入る瞬間のいやーな感覚も鮮明だった。
特に約1週間後の抜糸がいやだった。まさにゆで卵に串を刺す感じの圧迫感が文字通り「目の前」で繰り広げられているのだから。

まあ、おかげさまで術後はいたって「視界良好」。思い切って決断して良かったと思う。

という事で昨年7月頃から病院通いが増えて皆さんにご迷惑をおかけしてしまった。反省しきりである。
個人的には好きなロードバイクにも乗れず、ゴルフもお休み。体がなまりきってしまった。

今年はまだ肩の調子は完治していないが、もう一度鍛え直して厄年を乗り越えたいと思う。
よろしくお願いいたします。

Filed under: 雑感, 私事 — shizume @ 23:21:06

2015/10/6 火曜日

no.182 自らを守るため

yeyeyiy1.jpg
「装着したドラレコ」

遅ればせながら、我が社も社用車にドライブレコーダー(以下ドラレコ)を導入した。
トラックへの装着は現状のデジタルタコグラフ(以下デジタコ)の更新と、ETC2.0対応等を検討中なので遅れているが、今回は全社用車に装着。
急加減速、急ハンドル、速度超過等の事故につながる危険運転の防止はもちろん、GPS+インカメラ付きとなるので、動態管理と事故原因究明のための車内運転状況の同時管理となる。

yeyeyiy2.jpg
「インカメラ」

当然、我がブラックビューティー3号にも装着(隗より始めよ)。
日々の動きを安全管理部で監視されている(決して批判的な意味ではありませんので…。自主的に要請しました)。

万が一、危険な状況が起きた場合は、安全管理部の担当者と私にメールで危険通報(該当車両、日時、場所、発生時点前後2秒の静止画像)が自動送信される。
日々の運行状況は運転日報並びに安全エコ運転分析として管理者のPCで確認され、ひやりハットも含め、危険発生時の動画情報は今後安全会議等でビジュアル教材として活用していく。

現状ではセンサーの過剰反応等もあり、危険通報が数回送信されてきたが(もちろんBB3号で発生したものではないが)主に高速道のインターチェンジのカーブ時における横Gによるものが多いようだ。

我が社では既に12年前から営業用貨物車両にはデジタコを導入し、運転職の皆さんには社速の厳守による安全運転とエコドライブに協力して頂いてきた。
それにより重大事故の発生はもちろん、人身事故の発生率も非常に低く抑える事が出来てきた。しかし、それでも事故(もらい事故も含めて)は起きる訳で、今後は自らを守るためにも「ドライブレコーダー」の装着は効果をあげるだろう。

私のスマホに危険通報メールが一件もこない日が永遠に続くことを目指して。

Filed under: 雑感, 安全, 教育, — shizume @ 23:39:44

2015/9/8 火曜日

no.179 静寂@交差点

dsc_0224.jpg
トヨタの「MIRAI」

都内で二度目となるが、トヨタの燃料電池車「MIRAI」と遭遇した。

納車まで3年待ちといわれるだけに、街で見かけるのはまだ先だと思っていた。

一方でシリコンバレー発のEV「テスラ」は特にセダンのタイプSは結構見かけるようになってきた。

yaeyye.jpg
「テスラ タイプS」

そこで最近交差点で思う事。

赤信号で停止すると、妙に回りが静かなのである。

いつのまにか世の中に蔓延ってきたハイブリッド車。

ハイブリッドではないにしろ、最近のエコカーに標準装備されるアイドリングストップ機構。

ポルシェやフェラーリにも付いてくる。

路線バスはもちろん…。

そんな中で3年前の新車、我がブラックビューティー3号は未だに勇ましい音をたてている。

交差点で停まる度に、なんとなく後ろめたさを感じながら、世の移り変わりの早さを実感。

Filed under: 雑感, 環境・リサイクル, — shizume @ 23:49:40

2015/9/3 木曜日

no.178 少子化への一助

eaaaao201592-2.jpg

去る9/2、二人目の孫が無事誕生した(女の子)。
我が国の少子化対策の一助に…。ならないか?
このブログの中断中の2013年に一人目の孫(男の子)が生まれ、はや2年半。
一人娘しか育てた事の無い我が家にとって新鮮な驚きだったのは、お兄ちゃんになった孫が生まれたばかりの妹に対する接し方。
自分に兄妹が出来た事をすぐに認識し、とても喜んで優しく頭をなでながら「いい子、いい子」している姿。
その微笑ましい姿に感動すると同時に、たくましく思う今日この頃。

Filed under: 雑感, 私事 — shizume @ 23:56:22

2015/8/29 土曜日

no.177 思いのほか

yoyeyayyoyayaey3ae20158.jpg

わがブラックビューティー3号。この8月でちょうど3年の車検を迎える。
歴代BB号はだいたい年間30,000km走行だったので、最初の車検は90,000kmで迎えていた。
それに比べて3号は75,000kmだから伸び悩み=営業不足?
頑張って営業します。

Filed under: 雑感, 私事, — shizume @ 13:50:33

2015/8/20 木曜日

no.176 TDR→サービス→トッピング→SLA→書面化

20158ycyyye3.jpg

前回の更新で既報のとおり、久々に東京ディズニーリゾート(TDR)を訪れて感じた事。
それはサービス業の基本。
今回、家族でディズニーランドに行った訳だが、その中で一人誕生日が8/15だったのが義理の息子。
そこでランドで誕生日を迎えるのもいいだろうというのも今回の計画のひとつだった。
事前にネットでバースデープランや特典を調べてみた。
私の中ではディスニーのことだから、さぞかし様々な特典が用意されているだろうと思っていた。
結果、確かにバースデープランは色々あった。ミッキーやミニーと記念撮影してフォトフレームや記念グッズのプレゼント付きやシェフ・ミッキーというレストランでのバースデーケーキ付きもある。
そもそもの入場券もバースデーパスポートと称するオリジナルぬいぐるみ付きで、且つそのパスポートを持っていれば、園内のキャストが「おめでとう」アクションをとってくれる?etc…。
日本人の感覚では、それらの付加サービスは無料で、期待感としては割引があるのではなんて思ってしまうのは私だけだろうか?。
ところがというか、さすがというか、「夢と魔法の国」ではそれら付加サービスはすべてプラスオンの有料なのだ。
そう、付加価値=有料つまり気分良く過ごすためにはそれなりのコストが必要という当たり前の構図。言うならば「トッピング方式」。
「日本人の感覚」=サービスはタダという常識が、ここ「夢と魔法の国」では、ゲスト(顧客)が気分良くなるため、より楽しく過ごすためのコストなら喜んで払うという事実。これって同じサービス業としてのわが物流業界にも当てはまるのでは?
現実は否。何が違うのか。
我々は提供するサービスの内容と、それに対する保証を明確に出来ているのか?
そもそも契約自体が明確になっているのか?
だからこそ、これからは物流の世界でもサービス内容を明確にして目標値を定め、かつ保証するSLA(Service Level Agreement)発想が必須だ。
そして現在国交省が進める「トラック運送業における書面化推進」もそのひとつだろう。
日本の常識を変えていくには相当の労力と理論武装を伴う交渉力が必要とされる。
しかし、この壁を乗り越えていかなければ我々の将来はない。

Filed under: 雑感, 企業経営, 私事, 業界 — shizume @ 23:55:00

2015/8/15 土曜日

no.175 夏休み

20158ycyyye.jpg

夏休みはおとなしく家で過ごそう!と思っていたが、1日くらいは孫を連れて何処かへ…。
という事で十数年ぶりにTDLに行った。但しアフター6パスポート(健保の割引券活用っ!)で。
アトラクションは幼児同伴の定番「イッツァ スモールワールド」ぐらいしか乗らなかったが、シンデレラ城をスクリーンとしたプロジェクションマッピングの「once upon a time」。いやいやなかなか美しい。
20158ycyyye2.jpg

そしてこれまた定番の「エレクトリカルパレード」。
これまた相当グレードアップしていて、とても楽しかった。

但し、前に比べて感じた事。パレードルートでの観覧方法に対する規制の徹底ぶり。
さすがに教育されたキャストが優しく且つ丁寧に規制して回るのは
1.折り畳み椅子はパレードが始まるまでは0Kだが、パレード中は使用禁止
2.パレード中は着席で。立ち上がってはいけない。
3.車いすは指定場所以外では出来るだけ後方に

今回は孫及び脚の悪い義父が同行していたので、デイバックに折り畳み椅子をいれて(孫用)、義父は車いすでの鑑賞となったので
まともに規制にかかってしまった。

たしかに立ち上がったり、椅子を持ち込んだら後の人が見えなくなってしまうので「夢と魔法の国」ではなくなってしまう。
妙に納得すると同時に「全てのゲスト」に対する配慮に感心し、もちろんきちんとお約束を守って観覧した。

真夏の猛暑も日が落ちるとともに少しはそよ風がふき、短時間ではあったが久々に楽しい1日を過ごすことが出来た。

桑田佳祐の「夢と魔法の国」を思い出しながら。

Filed under: 雑感, 私事 — shizume @ 23:43:12

2013/1/20 日曜日

no.169 最近のウィンタースポーツの現状

20131ieau-052eui.jpg
先日、久々に日帰りスキーに行ってきた。
河口湖インターからの富士山が、素晴らしくきれいだった。

スキーといっても、最近はもっぱら「日帰り」である。

私のスキー歴は非常に長く、小学生のころから湯沢あたりで滑っていた。
特に高校から大学のころは、学校の寮が志賀高原にあったこともあり、シーズン中は山ごもり状態。
それが、社会人になりなかなか行けなくなったが、子供が小さい頃まではそれでもワンシーズンに一回程度は家族でスキー旅行に行っていた。

社内でも、昔は新潟地区の社員と新年会を兼ねて滑ったこともあるし、本社の有志で土曜の夜中出発「日帰りツアー」に行ったこともある。

ところが、子供が大きくなるにつれてなんとなくスキー場から縁遠くなり、ついにぱったりと行かなくなってしまった。

そんなオジサンが、娘の彼氏(今はダンナ)に影響されてゲレンデにカムバックしたのがかれこれ6年前くらいからか。
とりあえず彼氏(今はダンナ→クドイか?)がSAJ1級所持者なので、お父さんとしてもがんばらなくてはという事で、バッジテストを受けることに。
ところが最近のスキーは道具が昔と全く違う。という事は滑り方も全く違うと言う事に気がついた。
昔は趣味はと聞かれてスキーというからには、当然板はメーターもん(2m)。靴はガチガチに固いシェルの競技用。
なんてイキガッテいたのだが、今はカービングスキーで短くて太い板が主流。
ということでカムバック当時はスクール通いで今風の滑りを身につけるところから始めて、検定にトライすること2シーズン目に晴れてSAJ2級合格。これで1級の受験資格を得たわけだが、翌年に果敢に1級にチャレンジするも、検定中に転倒。みごと不合格。その後、少し熱が冷めて今に至っている。

20131ieau-053oaeo.jpg

…..で、今シーズン最初のスキーとなったが、最近スキー場はどこも空いている。
リフト待ちはほとんどないし、若者のスノーボード人口も減っているようだ。
みんなインドアでの遊びが良いのか?
晴天とはいえ、寒い雪の中にわざわざ行かなくても楽しい事はたくさんあるからか?

周りを見渡すと私と同世代らしき「オジサン」が一人で来ているパターンが結構多い。
リフトからみているとそんな「オジサン」たちは、みな昔取った杵づかでそこそこウマイ(今風の滑りではないのですぐわかる)。
話をしてみると異口同音に「昔はバリバリだったんだけど、今は家族だれも付き合ってくれないからね。一人で来てますよ」とな。
スキー場も最近はそんな50過ぎのオジサン向け企画を練っているところもあるらしいから、嬉しいようなさびしいような。
若者よ!
ゲレンデに向かえ!
冬こそアウトドアだっ!

Filed under: 雑感, 趣味, 私事 — shizume @ 23:46:53

2012/12/12 水曜日

no.160 気仙沼 Vanguard

201211-12eau-uacaydhyoyye.jpg
12/10。気仙沼市役所を訪問した際、昼食を食べに付近を探索。
ありました。渋〜い喫茶店。その名も「vanguard」。
震災当日は津波で水没。壁には生々しい跡が残されていたが、その後復旧。
店内はコーヒーの香りで満たされ、オールドジャズが程良く流れていた。
店内はマスターが一人と地元のお客さんが一人いるだけ。そのマスターが旨いコーヒーを入れてくれた。
201211-12eau-uacaydhyoyyec.jpg
震災後、様々な方に支援され、復旧したとの事。ジャズをいい音で聴かせてくれるスピーカーも支援品で組み立てた手造り。
復興への道は遠いが、ホッとしたひと時だった。

Filed under: 雑感, 音楽 — shizume @ 23:42:53
ブログ
フコックス社長日記
トップページ | プライバシーについて | サイトマップ
COPYRIGHT (C) 2007 FUCOX all rights reserved. 禁無断転載